マイナンバー制度CM上戸彩を起用

マイナンバー制度の記事2回目となります。
最近内閣官房よりテレビCMでマイナンバー制度を目にするようになりました。イメージキャラクターに『マイナちゃん』と上戸彩さんが起用され10月の個人番号送付にあたり各メディアでの露出も高くなってきたように思います。

このマイナンバーは会社務めのサラリーマンやパート・アルバイト、給与を受けとるすべての従業員は雇用者へ提出する必要があります。

送付された個人番号だけでは個人を特定することはできないので、運転免許証等の身分証明書をあわせて提出し、雇用者はこれを厳重に保管・管理する義務があります。

ここで言う雇用者(以降事業者)は個人情報保護法の規定が適用される他、取扱い方法や保存期間、廃棄方法を取り決めしなければいけません。

万が一収集した個人番号が流出した場合は事業主に対して罰則が科せられる場合があります。
事業者の対応について上記で記載した個人番号の取扱いの他、給与計算システムを導入している場合は対応させる必要があります。

従業員に対し個人番号の登録と身分証の保管をシステムへ取り込むことによって業務の省力化が図られます。

今まではエクセル等を活用し手作業をしているという事業者もあると思いますが、28年度からは源泉徴収票や社会保険、所得税申告に用いられるフォーマットに個人番号を記載する必要がある為業務上手間となる部分が多くなります。

これを機に給与計算システムの導入も検討もしてみてはいかがでしょうか。
上記の内容は内閣官僚のホームページに詳細が記載されていますのでそちらも是非ご覧ください。

ブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする